名古屋ウィメンズマラソン見たんだけど、1秒差ってどれくらいよ!?距離にすると何メートル差なの?

      2017/07/25

リオデジャネイロオリンピック女子マラソン日本代表の最終選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンを見た(最後の方だけ)。

第一生命の田中智美選手と天満屋の小原怜選手が残り数キロからデッドヒートを繰り広げ、ほぼ並走。
結局最後は田中智美選手が小原怜選手を抜き去り2位でゴールインした。
別にどちらを応援していたわけでもなかったのだが、ゴール前ではテレビを見ながら「うぉぉ!いけ!いけ!」と叫んでしまった。

タイムは、
田中智美選手=2時間23分19秒
小原怜選手=2時間23分20秒

と、たった1秒の差!

リオ五輪の出場資格がかかったこの大一番で、わずか1秒差で敗れるのは悔しいだろうなぁ。

ちなみにリオデジャネイロ五輪の女子マラソンの枠は3つで、一枠は世界選手権7位に入った大塚製薬の伊藤舞選手が内定していて、大阪国際で2時間22分17秒の好成績を残した福士加代子選手も有力候補とのことなので、残りはあと1枠という状況だ。

くっそ!これは悔しい!
俺全然関係ないけどなんかすごく悔しいです!!!

自分が小原怜選手の立場だったら今日の夜はなかなか寝れないだろうなぁ。
布団に入っても寝れないから、目的もなくなんとなくスマホ(iPhone6s)をいじるけど、何気なくyahooニュース開いたら自分の惜敗の記事が目に入ってきちゃって、「もう!今は思い出したくないのにっ!」って布団の中でつぶやいて、無料web漫画のワンパンマンを読みながら眠くなるのを待とうとするけどワンパンマンは更新が滞ってるからすぐに読み終えちゃって、結局いつも通りエロい妄想にふけってたらいつのまにか寝てた、なんていう辛い夜を過ごすのだろう。

俺のポケットマネー(120円)で女子マラソンの代表枠1つ増やせないかな?
・・・無理か。

マラソンでの1秒差は何メートル差?

マラソンでの1秒差って距離で言うとどれくらいの差なんだろうと思ってちょっと調べてみた。

両選手のタイムは約2時間23分20秒(8600秒)、フルマラソンの距離は42.195キロ(42195メートル)なので、42195メートル÷8600秒で平均秒速は約4.9m/sとなる。
ただし、ゴール前のスパート時には走行速度は20km/h(約5.6m/s)にも達するらしい。

この秒速の数字がそのまま1秒差の距離となるので、今回1秒差だった田中選手と小原選手の差はだいたい4.9メートル~5.6メートルということになる。

たった1秒で大林素子3人分くらいの差がつくんだね。すげぇな!
素人ならフルマラソンでのゴール直前なんてナメクジレベルのスピードだよね。

がんばれ小原怜選手!

無駄じゃない!この走り無駄じゃないよ、小原選手!
パソコンの前でチキンラーメン食いながら見てた運動不足すぎて筋肉が終了してる俺ごときに言われるまでもないと思うけど、今回の名古屋ウィメンズマラソンでの走りは次につながる走りだよ!

だってまだ小原怜選手は25歳。
持久力系スポーツは他の競技に比べ、能力のピーク年齢が遅い。
hitomiのLOVE2000を聞いて踊っていたあのキューちゃんこと高橋尚子選手が、2000年のシドニーオリンピックで金メダルを獲得したのは28歳の時だ。

イグニオとかいう2000円くらいの激安シューズを履いて超たまに河川敷をジョギングしてる俺には見えるんだ!
2020年の東京オリンピックで、日本国民の大歓声を受けながら日本代表として颯爽と走る輝かしい小原選手の姿がね!

よし!俺も衰えきった筋肉を久しぶりに動かして走ってくるとするかな。
・・・100メートル先のコンビニまでな!!!