バックジョイリリーフを買い、一週間で使うのをやめた男のブログはこちらです

      2019/03/14

私は一日の大半を椅子に座って過ごしています。

人間ってのは素晴らしいもので、すぐに自分の置かれた環境に適応していきます。
一日10時間以上をイスに座って過ごす私の腰や背中はどんどんと湾曲していきました。

学生時代にバレリーナのようだと言われた直立した私の背中はもうありません。
姿勢が悪くなって内臓が圧迫されるようになったせいか、胃腸の調子も悪いです。
昔は背骨や腰を曲げている方が辛いくらいだったのに・・・どうしてこうなった!??
まぁ原因は当然座る時の姿勢ですよね、そりゃあ。

人間は椅子に座るとき、楽を求めると自然と下図のような姿勢になってしまいます。

120848
120897

エロ動画を見る時は上、だらだらとニュースサイトや2chまとめなんかを見る時には下の図ような体勢で座っている方は多いのではないでしょうか?
この姿勢で何年も座ってきた結果、おそらくレントゲンで背骨の形を診てもらったら医者に、
このまま姿勢を改善しなければ将来大変なことになりますよ?
とガチのトーンで言われてしまいそうなみっともない姿勢が定着してしまいました。

治そうと意識しても、自分の身体にとっては上記の姿勢が楽で自然なので、少しでも気を抜くと元のだらしない姿勢へと戻ってしまうのです。

悪い姿勢が定着してしまった過程と同じで、そうならざるを得ない環境に身を置かないと矯正できそうにありませんでした。

そこでなんとか自分の置かれている環境自体を変えるべく、ネットで検索してアメリカで大人気の製品だと噂の「Backjoy(バックジョイ)」を見つけだし、Amazonで購入したのでした。

20160314_053054

バックジョイは小さな座椅子のようなもので、こんな風に底が丸くなっています。
前の方(右側)の浮き上がっている部分が、座った時に自分の太ももで押されることになり、てこの原理で反対の背中側のせり上がっている部分が持ち上がります。
そしてその持ち上がった背中側の部分が自分の腰を前に押し出してくれることで、自然と背中がまっすぐになるという仕組みです。

こんなんで本当に背筋が真っすぐになるんかい!?

と思いましたよね?
そしてこの記事のタイトルからして、私が「なりません、詐欺商品です。」と書くと思っていますね?

残念!!!ハズレです!!!

このバックジョイに座ると、確かに背筋が伸び、良い姿勢になりやすくなるんです!
これマジ!

ただ、「なりやすくなる」とかいう微妙な日本語を使ったのには理由がありまして、
良い姿勢に勝手になっちゃうよ!もう止まらない!背中が反り過ぎて逆にイナバウアーみたいになっちゃう!
とはならないんです。

あくまで良い姿勢を補助するための商品であって、矯正を強制(偶然のダジャレ)するというほどではありません。
バックジョイなしの場合に比べて当社比で3割くらい、「良い姿勢を保つぞ!」という自分の意志の力の消費が少なく済むだけなんです。

先述した前側の部分を自分の太ももで押すように座らないと、背中側が持ち上がらないので、脚を組んだりできませんし、気を抜くと座る位置がずれて効果が薄くなります。
はっきり言っていくらでもサボれてしまいます

で、現に私が一週間で放り投げたわけです。
さすが私!意志の弱さではだれにも負けてないぜ!!!

まぁサボろうと思えばサボれるなんてのは、当たり前と言えば当たり前のことですが、購入を考えてらっしゃる方は、自分の意志もそこそこ必要になるということは覚えておいてください。
本当にかなり良い補助にはなるので、姿勢を矯正したいというまぁまぁ強い意志がある方ならば、買って損はないと思います。

私も買って3日間は、バックジョイのサポート力に大はしゃぎで、
「すごい!すごいよコレ!ねぇ、座ってみてほら!背筋伸びるっしょ!!?」
と、家族にウザいくらいに良い物買った自慢をしていましたから。

それと、バックジョイにはいくつか種類がありまして、まずサイズがミニレギュラーで分かれています。
公式の説明では体重30-60kgの方にはミニサイズ、60-135kgの方にはレギュラーサイズがおすすめだと書かれていますが、ミニは幅が小さく座りにくいので、体重的にちょっと少ないくらいの方でもレギュラーを購入した方が良いと個人的には思います。

サイズの違いの他に、
リリーフ(BackjoyRelief)

ポスチャープラス(Backjoy Posture Plus)
という2種類があり、リリーフの方は座り心地が良いように表面がクッション素材になっています。
もちろん姿勢補助用の椅子なので普通のクッションよりは弾力がありませんが、ゴムとプラスチックを足したような素材になっているポスチャーに比べれば座り心地がだいぶ良いです。
お尻にできモノができやすい人はリリーフが良いと思います。

リリーフのデメリットとしてポスチャーのように丸洗いできない滑りやすいなどのデメリットが色々なサイトで挙げられていますが、椅子を洗うのなんてうんこでも漏らさない限りファブリーズとかで十分ですし、滑りやすさについてもあまり気になったことはありません
シルク素材のパジャマを着ながらワインを飲むような貴婦人はポスチャーの方が良いかも知れませんが。

ん?なんか知らないうちに「テック ジェル」とかいう種類が追加されてる???
どうやらテックジェルはプラスチックのような素材で薄い造りになっているようで、持ち運びや丸洗いに便利なかわりに、座り心地は良くない製品となっているようです。
個人的には姿勢を良くするには継続が大切で、そのためには座り心地が重要だと思っているので、やはりリリーフをおすすめします。

あとAmazonで購入する時に、海外並行輸入品正規品が販売されている場合がありますが、バックジョイの場合は流通経路が異なるだけで、製品の仕様は変わらないようです。

しかし、並行輸入品は正規代理店を通さずに販売されているものなので保証を受けられなかったり、最悪の場合偽物(模倣品)をつかまされたりします。
また、海外発送や取り寄せなどで発送が大幅に遅れる場合も多々あります。
アマゾンのカタログページに、「正規品」や「日本の販売代理店が販売しています」と記載されているものを購入することをおすすめします。

私が皆さんにお伝えできる情報は以上です。
ま、1週間で使わなくなった人間の戯言ですが、よろしければ参考にして下さい。
常用するのをやめただけで、ちょくちょく座ってはいるんですけどね。

※重要な追記
その後、バックジョイにより、姿勢改善に成功いたしました!!!
姿勢が良くなったことと関係あるのかは分かりませんが、胃腸の調子も良くなり、胃もたれや便秘が減って、ちゃんとお腹が空くようになりました。

バックジョイは意志力がそこそこ強い方や、「姿勢を良くしたい」というモチベーションが高まっている方、バックジョイに座ることが苦にならない程度の姿勢の悪さの方には非常におススメです!

この記事を書いた当時の私には、ただ単に根気が足りていなかったのです。
当たり前といえば当たり前のことですが、自宅での姿勢矯正は可能なのだということを身をもって実感できました。

そしてその後、バックジョイリリーフの「滑りやすい」という弱点が克服された「バックジョイリリーフ グリップ」という製品が発売されました。
リリーフの座り心地の良さ・通気性の良さはそのままに、滑りにくさがプラスされた優れものです。

バックジョイでも背筋の筋トレでも何でも良いので、モチベーションが高まっているうちにとにかく行動を起こすことが大切だと思います。

皆さんの背筋が宝塚女優ばりに良くなることを祈っています。