「早い」と「速い」の使い分けと例文

   


早い」と「速い」は、違いが分かりにくく、大変使い分けを間違いやすい言葉です。

早い」は主にタイミング時期、「速い」は主に速度に関する場合に使われます。

早い」と「速い」という言葉を使った例文をたくさんご紹介していますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

「早い」の例文

・この商品は現品限りですので、早い者勝ちです

・明日も早いからそろそろ寝よう

・一日も早いご回復をお祈りしております

・少し早いけどお誕生日おめでとう

・最近時間が経つのが早い

・まだ諦めるには早い

・僕はそのことに早い段階から気づいていた

・少し気が早いけれど、バレンタインデーに向けてチョコを作ろう

・妹は気持ちの切り替えが早い

・これなら人に頼むより自分でやった方が早いかもしれない

・なるべく早いうちに課題を済ませておこう

・日直なので、早い時間に登校する

早い話がそういうことだ

・子供は英語が上達するのが早い

・飛行機の一番早い便を予約する

・柔軟な人の方が新しい環境に順応するのが早い

・できる人は仕事に取り掛かるのが早い

・彼は短気でけんかっ早い

・ランクが低いので、下から数えた方が早いかもしれない

・桃は傷むのが早い果物だ

・その薬は効き目が早い

・それが一番手っ取り早い方法だ

・赤ちゃんは発育が早い

・素早い動きでフェイントをかける

・イベントの終了が早いのでお早めにお越しください

・車で行った方が早いか電車で行った方が速いか迷う

・ワサビの味は子供にはまだ早い

早いもので、もうすっかり冬だ

・子供には早いうちから習い事をさせよう

・海外の人はファーストキスが早い

「速い」の例文

・タイムを縮めるために速いペースで走ろう

・牛丼を一分で間食するなんて、すごく食べるのが速い

・川の上流は流れが速いから気を付けよう

・今年の新入社員は例年に比べて仕事の飲み込みが速い

速いスピードで前進する

・ランニングをした後なので、呼吸が速い

・思いっきり腕を振りかぶって、速い球を投げる

・遅刻しそうなので、速い足取りで歩く

・サイトの読み込みがとても速い

・プログラマーはタイピングのスピードが速い

・アクション映画はテンポが速い

・東大生は頭の回転が速い

・新幹線は弾丸のように速い列車だ

・ウサイン・ボルトは世界一足が速い

・優秀なゴールキーパーはボールへの反応が速い

・速読を学んだので、本を読むのが速い

・ゲーム展開が速いので、この試合は思ったより早く終わりそうだ。
 

「早い」と「速い」の使い分けまとめ

早い」と「速い」の使い分けは曖昧なものも多く、どちらでも使えるケースも少なくありません。
グーグルの検索結果件数などを見る限り、曖昧な場合には「早い」の方が意味の幅が広いため多く使われているようです。
とりあえず、速度が大きいなら「速い」、ある時点を基準として時期が手前であるなら「早い」と覚えておきましょう。