【ネタバレ注意】オーバーロード2期第4話の感想【アニメ】

      2018/02/07



オーバーロード2期4話の始まり始まり

待ちに待ったオバロ2期第4話の日がやってきました。
見たいアニメがある時って、待ち遠しくて一週間たつのが遅く感じるよね!
まぁまだ私の嫌いなリザードマン編なんだけどね。

今週は、何も知らない哀れなリザードマンさん達が、前回エルダーリッチごときに勝利したことを祝って祝杯をあげているシーンから。
ワンピースの章終わりのような宴っぷりだ。
後でどうなるかも知らずに・・・

どうでもいいトカゲ同士の雑談が続く。
なんかアイシーバーストは一日3回しか放てないらしい。
幽白の初期の霊丸みたいな感じか。
ザリュースの霊力的なものがアップすれば回数増えるのかな?

宴が続く中、ザリュースは白いトカゲ(クルシュ・ルールー)とまたイチャコラ。
このトカゲ同士のラブロマンスは相変わらず見ちゃおれん。
ケモナーのみんなは大歓喜なの?どうなの?
 

デミウルゴスの声優さんの声が好き

オープニング明けに、ついにアインズと階層守護者が登場!
8階層のヴィクティムもいる。
このイモムシみたいなやつは、なんか起死回生のスキルを持っているらしい。
「死によって発動する強力なスキル」って言ってたから、ドラクエで言うメガンテみたいなやつかな?

1期の頃から思ってたけど、デミウルゴスの声好きだわ。
声優ファンじゃないから詳しく知らないけど、加藤将之さんという方が声を入れているみたい。
良い声過ぎて覚えたから、今度からこの声聞いたら、「あ!デミウルゴスの人だ!」ってなるだろうな。
ドラゴンボールのクリリンの声優さんの田中真弓さんとか、悟空の声の野沢雅子さんの声を聞いた時みたいにさ。

シャルティアの心に刺さったトゲ(ワールドアイテムで精神支配されてアインズに攻撃した件)で、あえて罰を与えるという話。
御主人は許してくれてるのに、自分で自分を許せないなんてすごいぜ!
私なら「怒られなくてよかった」って大喜びですけどね。

あとはコキュートスの反省会。

リザードマン達を全滅させずに慈悲を与えることを請願するコキュートス。
コキュートスはなぜリザードマンを殲滅したくなかったのかというと、確かリザードマンたちの奮戦っぷりに心を動かされたからだっけ?
リザードマンにナザリックへの忠誠心を植え付け、部下にするプランを提案。

却下されそうな流れだったけど、デミウルゴスが助け舟を出して、様々な種族や力を束ねる時に備えて恐怖に寄らない統治の実験として、殲滅から占領へ変更。

この間ほとんど会話だけだったけど、ナザリック軍団のシーンはただの会話だけでも画が持つぜ!
堀北真希がテレビに映ってるだけで見てしまうのと同じだ。

そしてやはり階層守護者たちが勝手にあれこれ妄想して、アインズを過大評価するシーンはおもしろい。
 

絶望するトカゲさんたち

さて、場面が変わっていよいよリザードマンとアインズたちとの対峙のシーン。
第6位階魔法のコントロールウェザーでひんやり冷たい空気を演出。
夏場に便利そうだ。

圧倒的な力を持つナザリック軍団を見て敗北を悟り、
「あんな化け物からすれば俺たちなんかクソみてえなもんだ」
と言うトカゲ。

人間界で底辺の俺にはぐっとくるものがある。
ビルゲイツやトランプ大統領からすれば俺なんてクソみたいなもんだ。

くそっ!がんばれ!リザードマンども!
小説での結果は知ってるけど、ストーリーを書き換えろ!

そして伝令役の喋るモンスターのセリフが聴き取りにく過ぎる。

「4時間後にもう一度攻める」と言ったアインズに対し、降伏を申し出ようとしたシャースーリューシャシャ。
そこでアインズが、ひとこと、
「戦わずして降伏などというつまらないことは言わないでほしいなぁ」。

鬼畜か!!!
なんでこんな雑魚爬虫類にそこまですんのよ!

封神演義みたいにここのストーリーすっ飛ばして、蒼の薔薇とかワーカーチームをけちょんけちょんにする回に行こうよ!

そしてゲートをくぐって帰っていくアインズたち。
帰り際に一言。
「元気でいてください」
だと。

お前らが元気じゃなくさせるんだろうが!!!!!
力があれば何やってもいい世界かよ!
こんなのってないよ!
 

第一回トカゲサミット開催

そしてラスト、絶望の中、リザードマンさんたちの話し合い。
少人数が犠牲になってできるだけ部族を救う算段らしい。

ザリュースと白とかげがお互いを想って抱きしめ合う。

・・・あれ?
あんなにトカゲ同士のラブロマンスにイラっとしてたのに、何この気持ち!?
凄いかわいそうだよ!
絶対に幸せになって欲しい!!!

でも、白トカゲの「孕むわ!!!」はやっぱりちょっとキモい!
オブラートに包め!

そして来週へ続く・・・
 

まさか自分がこんなにリザードマン側に感情移入するとは思ってもいませんでした。
来週、私の「リザードマンたちに幸せになって欲しい」という思いが無残に打ち砕かれる、胸糞展開が待っているのでしょうか?
でもアインズたちのことは全く嫌いにならない不思議!
やっぱりオバロは面白い・・・

また来週、気が向いたら感想を残そうと思いますので、お暇でしたら読んでやってください。
それでは。


第3話の感想はこちら

第5話の感想はこちら