北朝鮮が6回目の核実験か!?北朝鮮北東部で人工的な揺れを観測したと韓国軍と中国地震局が発表。

   

2017年9月3日、北朝鮮が日本時間の12時30分ごろ、6回目となる核実験を行った模様です。

韓国通信社によると、北朝鮮北東部の咸鏡北道吉州郡(かんきょうほくどう きるじゅぐん)において、マグニチュード5.6の大きな人工的な揺れを観測したと、韓国軍から発表があったとのことです。

また中国の中国地震局からも、北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)付近にて同時刻にM6.3の強い揺れがあり、その後12時38分ごろにもM4.6の揺れが観測された、との発表があったようです。

人工的な揺れであり、地震が観測された北朝鮮北東部の咸鏡北道吉州郡には豊渓里核実験場があるため、北朝鮮が6回目の核実験に踏み切ったのではと予測されています。

中国地震局が発表した2回目の揺れについては、先に行った核実験で地盤が陥没・崩壊したことによるものだとみられています。