コイケンとは?ビットコインを超える新しい通貨に!?

   

コイケンとは?

コイケンとは、「こい券」と書く、独自通貨のことだ。

高円寺南口のパル商店街から少し外れた場所にある、「新しい人」というお店で発行・使用されている独自通貨である。

新しい人」は古雑貨屋さんで、服から小物まで様々な雑貨で溢れている。

基本的には店主の小池雄大さんが買い付けてきた物が商品として並んでいるのだが、委託販売の物やお客さんが持ち込んだものが商品として並ぶこともある。

お客さんが持ち込んだものとお店の商品とで物々交換を行うこともできるのだ。

その際、お客さんが欲しい商品がお店になかった時に発行されるのが、「コイケン(こい券)」なのである。

コイケンはパン型のカードになっている。

コイケンは現在のところ1枚100円の為替レートが適用されていて、後でお店の支払いに利用することができる。

だいたいドル円のレートと一緒だ。

もちろん、「新しい人」でのお買い物に普通の現金を使用することも可能である。

かなり珍しい取引方法で、まさに「新しい人」といったこのお店だが、テレビ東京のモヤモヤさまぁ~ず(モヤさま)でも取り上げられるようだ。

高円寺はユニークなお店が多いが、その中でもひときわユニークなこのお店にぜひ行ってみて欲しい。