平昌オリンピック閉会式に宇野くんがいない!?なぜ?

   



平昌オリンピック閉会式に宇野くんがいない!?なぜ?

楽しかった平昌オリンピックも今日25日に閉幕を迎えました。
競技も最高に盛り上がりましたが、オリンピックでは最後を締めくくる閉会式も一つのビッグイベントとなっています。

視聴者にとっての閉会式での一つの楽しみが、選手入場の際にお気に入りの選手を発見して、その選手が閉会式の雰囲気をエンジョイしている場面を見ることです。

閉会式の入場では、開会式と違い、選手たちが写真を撮ったり肩車をしたりして、思い思いに楽しみながら入場してきます。(※参考記事)

選手の素顔が垣間見れるので、競技とは違った見どころがあります。

しかし、私は今大会でお気に入りの選手の一人になった宇野昌磨選手をテレビ画面で必死に探したのですが、宇野選手を発見することができませんでした。
羽生結弦選手はバッチリ映っていたので、その近くに一緒にいるかなと思ったのですが・・・

ツイッターの情報などを見ると、他のフィギュアスケートファンの皆さんもどうやら私と同じように宇野くんを発見できていない様子。
さらに、田中刑事選手も発見されていないようです。

エキシビションにはいたので、まだ平昌にいるのではないかと思うのですが・・・

ちょっと宇野くんがなぜ平昌オリンピック閉会式にいなかったのかを考察してみました。
多分後でインタビューなどで答え合わせができると思います。
 

1.ゲームをしている

宇野選手は大のゲーム好きとして有名です。
スマホゲームの「ベイングローリー」や「荒野行動」にはまっているとの情報があります。
また、結構な課金勢で、ゲームにお金を費やしている様子。

フィギュアスケートよりもゲームの方に熱心だという説もあります。
そんな宇野昌磨選手ならば、閉会式に出席せずに、ホテルで一人スマホゲームをしている可能性もぬぐい切れません。
銀メダルを取った自分へのご褒美として、重課金をしているかもしれません。

2.寝ている

宇野昌磨選手は私生活では少し抜けているところがあるようで、公式練習に寝坊してきたりすることがあるようです。

緊張の連続だった平昌オリンピックで身体が疲れていて、閉会式に寝坊して遅れてしまったのかもしれません。

前日もフィギュアスケートのエキシビションがありましたしね。
もしこれが欠席理由なら、ぐっすり8時間睡眠をとって欲しいです。

3.閉会式で氷上を滑っていたパンダの着ぐるみの中に入っていた

平昌オリンピック閉会式の、次回冬季オリンピックの北京大会を紹介するショーの中で、中国のシンボルでもあるパンダの着ぐるみが登場しました。
パンダはスケート靴を履いてリンクをスムーズに滑っていました。

着ぐるみを着てのスケートはかなり技術が必要なはず・・・
ということは、中身が実は現役の選手であった可能性があります。

しかも登場したパンダは2匹。
そして閉会式にいないのも宇野昌磨選手と田中刑事選手の2人!

これはかなり臭いますね・・・

4.帰国した

オリンピック選手の中には、日程の都合上早々に韓国を離れる選手も少なくないようです。
実は田中選手については既に帰国しているという噂があります。
もしかしたら宇野選手も、前日のエキシビション後に一足先に帰国したのかもしれません。

もしそうだとしたら、今頃自宅でこたつに入ってみかんを食べて、ゲームをしながら平昌オリンピックの閉会式を見ているかもしれません。

5.実はいる

視聴者が見つけることができていないだけで、実はいる可能性もかなりあります。
閉会式は開会式と違って、選手が無秩序に入場してくるためです。
カメラさんが寄ってくれないと、誰がどこにいるのか全然把握できません。

もしかしたら宇野昌磨選手も入場してきたけれど、ほふく前進したりでかい選手の後ろに隠れていたりして、カメラには映らなかったのかもしれません。
このケースなら、ウォーリーを探せが得意な人であれば、もしかしたら見つけられたのかもしれません。
 

さて、この中に宇野くんを閉会式で見つけられなかった理由の正解はあるのでしょうか?
報道による答え合わせを待ちたいと思います。