東大生・学生じゃない一般人も利用可!駒場キャンパスの本格フレンチ「ルヴェソンヴェール駒場」

   

大学構内のレストランは学生じゃなくても利用できるところが多い!

大学のキャンパス内にあるレストランや学食は、学生向けに格安のメニューを提供しているところが多くなっています。
これらの飲食店は、メインターゲットを学生にしているというだけで、実は学生ではない外部の人間でも利用できるお店がほとんどです。

いくつかの制限の厳しい大学やお店を除けば、学生向けにリーズナブルなお値段に設定された美味しいお料理を、学生ではない外部の一般人もいただくことができるのです。
その中でも特におすすめしたいお店が、東京大学駒場キャンパス内駒場ファカルティ・ハウス1階にある「ルヴェソンヴェール駒場」です。

このお店は本格的なフレンチを提供しているお店なのですが、東大のキャンパス内にあり、学生が多く利用するということもあって、通常のフランス料理ではありえないような価格設定になっています。

内装も南フランスを感じさせるような造りになっています。
テラス席もあるので、天気のいい日にはぜひ利用したいところです。

東大生以外も多く訪れるこの「ルヴェソンヴェール駒場」のメニューなどをご紹介したいと思います。


ルヴェ・ソン・ヴェール駒場のランチメニュー例

ランチメニューは現在2種類あり、税込み1080円のコースと2160円のコースがあります。

1080円のランチメニューは、「サラダビュッフェ+メインディッシュ+食後の飲み物」という構成になっています。

サラダビュッフェは、東京の地場野菜をはじめ京都・長野・茨城など農家直送の安心安全な食材のものを、好きなだけいただくことができます。

メインディッシュは日替わりのお肉料理か日替わりのお魚料理を選ぶことができます。

食後は紅茶かコーヒーを選ぶことができるようです。

2160円のランチメニューは「前菜+メインディッシュ+デザート+飲み物」という構成になっていて、現時点では、前菜として、

サーモンの軽い燻製とポーチドエッグ、サラダ添え
または、
自家製鴨のテリーヌ緑胡椒風味
のどちらかを選ぶことができます。

メインディッシュは、
築地市場からの鮮魚のポワレ フヌイユと秋ナスのタルタル添え
または、
鶏肉とトゥールーズ風ソーセージのポトフ仕立て 温野菜添え
またはもう300円プラスして、
ステーキ&ポテトフライ&野菜のココット
の3種類から選べます。

デザートには、
クレームブリュレ 木苺のクーリとヴァニラアイスクリーム添え
が提供されています。

食後には、コーヒーや紅茶を楽しめます。
(メニューや価格設定は変更されている場合もありますので、公式ホームページでチェックしてから来店してください。)

ここでは一番リーズナブルな価格設定になっているランチメニューのみご紹介させていただきましたが、ディナーメニューなどでも納得の価格で本格的なフランス料理を堪能することができます。

既に述べた通り、東大生・学生ではない外部の一般の方も利用できますので、東京大学駒場キャンパス付近にご用があった際には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ルヴェソンヴェール駒場の住所・営業時間・定休日など

住所:〒153-0041 東京都目黒区駒場3-8-1 東京大学駒場ファカルティーハウス1F
アクセス:京王井の頭線 駒場東大前駅 東口 徒歩1分
営業時間:ランチ=11:00~14:30(ラストオーダー) ディナー=17:00~21:00(ラストオーダー)
定休日:無休(大学行事・パーティーでお休みの場合あり)
ルヴェソンヴェール駒場のホームページから、メニュー内容は限定されるようですが、ネット予約をすることもできます。
 

リーズナブルな価格で絶品フレンチをいただいちゃいましょう!